社会福祉法人 高島市社会福祉協議会
高島社協イメージキャラクター くーぴー、きらりちゃん、こらぽん
文字の大きさ変更 : 大 標準 小
高島社協イメージキャラクター くーぴー、きらりちゃん、こらぽん
トップページ >> お知らせ一覧
社会福祉協議会とは?
理念・組織体制
事業紹介
広報しふくのふくし
ボランティアセンター
高島回想法センター
高島市成年後見サポートセンター
つながり応援センターよろず
ボラセンブログへ
高島市地域福祉活動計画
リンク集
ページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36
2011/1/21(金)

ポルトガル語を話せる方を探しています

 

市内の保育園に通うブラジル人のお子さんのコミュニケーション支援をしていただける方を求めています。
保育園から保護者へのお便りをポルトガル語に翻訳していただいたり、直接話し相手になっていただくなど、可能な限りで結構です。

ポルトガル語が話せる、またはそのような方をご存知の方がいらっしゃいましたら、社会福祉協議会ボランティアセンターまでご連絡をお願い致します。

電話:0740−36−8220


このページのトップへ

2010/12/13(月)

平成22年度「地域商業活性化事業費補助金(買物弱者対策支援事業)」の公募について

 

平成22年度「地域商業活性化事業費補助金(買物弱者対策支援事業)」の公募について

公募概要:
少子高齢化や過疎化等の社会情勢の大きな変化に伴い、買い物の場所や移動手段などの日常生活に不可欠な機能が弱体化している地域が発生しています。こうした状況を踏まえ、平成22年度補正予算案の一環として買い物弱者対策にかかる事業に対して補助を計画しており、公募の開始を告知いたします。

事業内容:
今回の事業では、買物弱者の生活利便性を向上させる事業を幅広く事業対象として募集いたします。一例といたしましては、以下のようなものを想定しています(以下の事業に補助対象を限定するものではありません)。



事業例1:商店の無くなった周辺集落で行うミニスーパー事業
事業例2:スーパーと商店街が共同で取り組む共同宅配事業
事業例3:NPO等が御用聞きを行い、スーパーの商品を配達する事業
事業例4:農業者等が小売事業者と協力して取り組む移動販売車事業
事業例5:スーパーが自治体と協力して運行する買い物支援バス事業


※いずれも2以上の事業者主体の連携事業であることが必要です。ただし、事業主体が事業協同組合、事業協同小組合及び協同組合連合会、商工組合及び商工組合連合会並びに商店街振興組合及び商店街振興組合連合会等の場合は、そもそも連携事業であるとみなされます。

対象者
事業団体・民間事業者(法人格を有しているものに限る)

公募期間
平成22年11月24日(水曜日)〜12月15日(水曜日)

提出先、問い合わせ先
経済産業省 商務流通グループ 流通政策課
電話:03-3501-1708
FAX :03-3501-6204



このページのトップへ

2010/12/13(月)

公益財団法人 京都新聞社会福祉事業団 2010年度「配食サービス支援事業」について  

 

公益財団法人 京都新聞社会福祉事業団 
2010年度「配食サービス支援事業」について

この事業は現在受け付け中の「歳末ふれあい募金」に寄せられた善意から、高齢者を励ますためにプレゼントするものです。このプレゼントは、高齢者への食事が一食でもより安価又は無料で、多くの高齢者の方々に提供していただく機会になればと願っているものです。

助成対象:
京都・滋賀で高齢者に配食サービスを行っているボランティア団体・グループ。

対象事業
地域内の独り暮らしの高齢者や、高齢者だけの世帯に対しての配食事業。


助成について
助成金ではなく物品をプレゼント。
新米(1人あたり=お米180g)
ウエットティッシュ1個を9000人分贈呈
・ お米は丹波産こしひかり
・ プレゼントは1人の高齢者に対して調理1回分(180g)を贈呈。
※団体・グループが実施している配食の年間総人数分ではない。


お届け先
配食サービス団体・グループ所在地または代表者宅


申請後のスケジュール
12月17日(金)   申請書提出締め切り
2011年1月中旬   郵送にて結果通知
* ファクスまたははがきで申込用紙を請求して下さい。 折り返し郵送します。


【問合せ・送付先】
公益財団法人 京都新聞社会福祉事業団
〒604−8577
京都新聞社会福祉事業団(住所不要)
京都新聞社会福祉事業団「配食サービス」係
TEL:075−241−6186
(午前10時〜午後5時、土・日を除く)
FAX:075―222―2515
HP:http://www.kyoto-np.co.jp/fukushi/index.htm

このページのトップへ

2010/12/13(月)

未来ファンドおうみ助成事業2011募集について

 

おたがいさまがつながり、活きる未来ファンドおうみ助成事業が始まります!
未来ファンドおうみは、市民一人ひとりが地域で活動する市民活動・NPOを支えたいという「想い」を寄付として受け、市民活動やNPOへの助成事業につなげる、「おたがいさま」の想いがつながり、助成金として受け取った団体がその想いを活かすしくみです。

・二つの助成事業があります。
1)おうみNPO活動基金助成
おうみNPO活動基金は、市民活動、NPOの自立支援を目的に2002年度に淡海ネットワークセンターに創設しました。滋賀県、県内企業、個人などの寄付を受け、これまで延べ95団体に助成を行ってきました。
 この基金は、新しい事業展開により、組織力の充実を向上し、組織の基盤強化、広報力のアップ、ボランティアの拡充などを目指す団体を支援したいと考えています。

2)びわこ市民活動応援基金助成
びわこ市民活動応援基金は、関西アーバン銀行(旧びわこ銀行)様と社員の皆様からボランティアや市民活動の支援を目的としてご寄付をお受けし、設立しました。
地域で多くの人々が活動に携わり、継続することが期待できる事業を支援したいと考えています。地域特産物を使った事業化、分野を越えた活動団体などのネットワーク促進、地域でのボランティア活動のモデルとなる事業など。


※資金助成だけでなく、情報提供、組織マネジメント、他の組織への橋渡しなど、団体を総合的に支援します。
※助成団体同士、助成団体と淡海ネットワークセンターなどとの交流を促進し、活動の発展を目指します。



【お申し込み・お問い合わせ先】
淡海ネットワークセンター ((財)淡海文化振興財団)
〒520-0801大津市におの浜1-1-20ピアザ淡海2F
TEL:077−524−8440 
FAX:077−524−8442
E-mail:office@ohmi-net.com 
HP:http://www.ohmi-net.com/(別ウインドウで開きます)




このページのトップへ

2010/12/9(木)

しふくのふくし35号を更新しました。

 

しふくのふくし35号を更新しましたので、皆さんご覧下さい。

このページのトップへ

ページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36
苦情対応
お問合せ
交通アクセス
社協・共同募金助成金関係書類ダウンロード
社会福祉法人 高島市社会福祉協議会
〒520-1121 滋賀県高島市勝野215番地
TEL:0740-36-8220 FAX:0740-36-8221
E-Mail:t-shakyo@nike.eonet.ne.jp
Copyright (C) 2010 社会福祉法人 高島市社会福祉協議会. All Rights Reserved.